アドレナリン・ノルアドレナリン・ドパミンの違い

これらドパミン、アドレナリン、ノルアドレナリンは、合わせてカテコールアミンというグループ名で呼ばれていますよね。違いがわかりにくいので覚え方を書いておきます。

では、それぞれが主な治療薬として使われる疾患、カテコールアミンの受容体、作用機序(どのような方法で作用するか)に分けてふわっと説明して行こうと思います。

覚えやすいような説明なので、詳しい説明を知りたい方は教科書を読んでね!

どんな時に主に使われる??

アドレナリン:アナフィラキシーショック、心肺停止

ノルアドレナリン:敗血症性ショック、心原性ショック

ドパミン低用量:急性心不全の時に、ドブタミンと一緒に使う

ドパミン高容量:正直、何に使っているのかわからない。
(追記 先生に聞いたところ、ドパミン高容量を臨床で使うのは、心臓血管外科の術後でノルアド、ドブタミンが効かない時くらい。ほとんど実臨床では使わないらしい。)

カテコールアミンの受容体

カテコールアミンが副腎髄質という、腎臓の上にある三角のやつから出て血中に入ります。(薬を投与しても、その部位から血中に入ります)

これが副腎髄質

これらのカテコールアミンが、

体のいろいろな場所にある受容体にキャッチされて効果が現れます。

受容体には種類があり、どの受容体にキャッチされるかによって、作用が異なります。循環器系で必要な受容体は下の3つです。

α1受容体(末梢血管の平滑筋が持っている):平滑筋を締める=血管を締め付ける=血圧が上がる

β1受容体(心筋が持っている):心筋が活性化する=心収縮力増強

β2受容体(末梢血管と気管支の平滑筋が持っている):平滑筋を緩ませる=血管を緩ませる=血圧が下がる

です。

ポイントは、α1受容体とβ2受容体への効果は、両方出現すると打ち消しあうということです。

作用機序

では、お待ちかね作用機序!

アドレナリン:とても強いβ1受容体への作用で心拍出量を上げる

なので、心停止の時の蘇生に使う!ちなみに、α1とβ2受容体の作用もあるけれど、上で言ったように打ち消す

ノルアドレナリン:とても強いα1受容体への作用で血管を締める

β2への作用なし!だから打ち消されない!

ということで、血管がめっちゃ広がって血圧が下がる、敗血症性ショックで使う!心原性ショックは、次に書く、ドパミン低用量でも良さそうと思うかもしれないけれど、いったん治っても不整脈の副作用で死ぬ人が多いらしく、まずはノルアドレナリンを使うんだって。

ドパミン低用量:ちょうど良いくらいのβ1受容体への作用。

ドパミン低用量だと、β1受容体のみに作用して、心拍出量を減らします。α受容体への作用はなし!ちなみに、ドブタミンも同じで、二つ合わせて治療することが多い!

急性心不全は、心拍出量が低下する病態なので完璧にマッチしてる!

ドパミン高容量:α受容体にもβ受容体の両方への作用。

ちなみに

ちなみに、β2受容体の作用で、しれっと気管支平滑筋が弛緩するので、

β2刺激薬を使えば、重症の気管支喘息の治療になるよ!

だから、アドレナリンも重症喘息の治療薬になるよ!

肩こりの改善方法

一瞬肩こりを改善するなら、方法はいろいろあります。

けれど、一番おすすめしたいの方法としては

「体のバランスを整える」ことです。

では、どういう方法で体のバランスを整えればいいのでしょうか。

2ステップあるので、実践してみてください。

1、筋肉の硬さをとる。

筋肉の硬さをとるには、色々な方法があります。

マッサージ店に行ったり、整骨院に行ったり。痛みは鍼治療に強みがあります。

自分はマッサージ店のセラピストですが、マッサージや、ジムのスポーツトレーナーはあまりオススメしません。

自分はマッサージ店の研修を受けてセラピストになったのですが、

体の仕組みを教えてもらえることはありませんでした。(医学科では教わりました。2年で解剖をしています。)

ジムのスポーツトレーナーは、筋肉を鍛えるスペシャリストですが、体の仕組みの理解は、国家資格を持っている人の方が強いです。

体の仕組みを勉強している、国家資格をとった専門家。

詳しく言えば、「鍼灸師、保険適用の整骨院・整体院」

など、体の仕組みを勉強している人のいる場所に行きましょう。

マッサージが悪いという話ではありません、マッサージ店には、日々の疲れを癒すために、リラックスするという目的で行きましょう。

また、症状の軽い方なら、ストレッチも効果的かもしれません。

効果的なストレッチを知りたい方は、肩の凝りが強い部分などを入れた質問を理学療法士さんにしてみてください!

このサイトなら、国家資格を取った専門家である理学療法士が質問に答えてくれますよ!

2、体のバランスを整えるために、適切なトレーニングをする。

筋肉の硬さが取れただけでは、肩こりは改善されません。

なぜなら、硬さを取っても姿勢やバランスを整えないと、筋肉同士の綱引きが起こって、また硬くなってしまいます。

それを防ぐためには、僧帽筋の適切なトレーニングと姿勢を良くするための適切なトレーニングが大切です。

引用:日本整形外科学会

トレーニングの方法について知りたい方も、このページの質問フォームから質問してみてください。

人それぞれ、僧帽筋で弱いところは違います。また、大胸筋の強さによっても変わってきます。一概に言えないのです。

理学療法士さんに相談して、適切なトレーニングを行い、肩こりを改善して、毎日気持ちよく生活してみませんか?!

肩こりの原因を簡単に解説!

自分はいま、医学生として医学の勉強を行っています。

また、マッサージ店でセラピストとして働いています。

そんな自分が、今までの経験に基づいて、肩こりの原因を伝えたいと思います。

まず、肩こりの原因は、

「筋肉が引っ張られている状況が、長期間にわたって継続する」

これに尽きると思います。

「肩こったなあ」

と感じる時、どの筋肉が、どうなっているのでしょうか。

結論を言うと、

肩がこった時は、ほとんどの場合で「僧帽筋」が硬くなっています。

僧帽筋はここにある筋肉です。

引用:日本整形外科学会ホームページ

ではなぜ「僧帽筋」が硬くなるのでしょうか。

これも結論から言います。

それは、僧帽筋が長期間ずっと引っ張られているからです。

引っ張られると、それに抵抗して引っ張り返そうと思いますよね?

ですが、引っ張られる力の方が強いと、筋肉は疲れてきて、

そして、硬くなってしまうのです。

みなさん綱引きをしたことあるでしょうか。

綱引きは勝っている方が軽く引けて、負けている方はとってもしんどいですよね?

このようなことが、肩の筋肉でも起こっていて、負けている方の僧帽筋が疲れ果ててしまうのです。

この文章を読んでいる方の中で、「肩がこりすぎてしんどい」という方がいるなら、

肩甲骨をくっつけるように、ストレッチをしてみてください。

全然動かないか、少し痛みがあると思います。

それは、肩甲骨を内側に引っ張る筋肉である、

「僧帽筋」が疲れ果てて硬くなってしまっているからです。

では、なぜ僧帽筋が引っ張られるという状況が生まれてしまうのでしょうか。

その理由は大きく2つあります。

  • 姿勢が悪く、猫背になっている。
  • 大胸筋などの前側の筋肉を鍛えすぎている

という二つです。それぞれ少し詳しく説明すると、

  • 姿勢が悪く、猫背になっている

腕を僧帽筋で支えないといけなくなるため、僧帽筋が引っ張られる。

  • 大胸筋などの前側の筋肉を鍛え過ぎている

肩は、前側から大胸筋、後ろ側から僧帽筋で引っ張られていて、綱引きのようになっています。そのため、カッコ良く見せるために大胸筋だけ鍛えた場合、後ろ側の僧帽筋は疲れて硬くなってしまう、という状況が生まれます。

引用:https://www.hiroshima-seikeigekaiin.jp/exercise/souboukinnkyoukinngunn

そのほかにも、重たいリュックを背負っている場合や、長時間不自然な姿勢でスマホをいじる、なども原因になります。

これらに当てはまりそうな人は、それを改善するよう心がけると、肩こりが改善すると思います。

ですが、一度崩れた体のバランスを元に戻すのは至難の技です。次の記事で、そのバランスの戻し方について説明するのでぜひ読んでみてください。また、わからないことがあったら気軽にコメントしてください!

リハビリハブ 「ソラシマ」名前の由来

ハブには、「中心地」という意味があります。このサイトがリハビリの中心地になってほしい、そんな思いがこもっています。そして、空に浮かぶ島のようにふわふわと居心地の良い、いつでも戻ってきたいと思える、そんな中心地にしたいという思いを込めて、「ソラシマ」と名付けました。

私たちは、さまざまな立場の方にとって、ご本人様の目的に合わせて、専門家の知識を引き出せる・気軽に相談できる。そんな活動をしています。

そんな活動を通じて、みなさまの怪我を未然に予防したり、もっと健康的に生活できるようになったりする、ということが目標です。

今のリハビリの中心地がどこかというと「怪我をした後」でしょう。

では、「今のリハビリ」と「このサイト」は何が違うのでしょうか?

「今のリハビリ」では、再発を防ぐことができても、怪我を防ぐことはできません。

例えば発達障害があって一人遊びが多くなる子は、体幹の回旋とかの機会が少なくなって反り腰・スウェイバックになりやすい。そういうことが体を動かす機会の少ない健常児でも起こり得るんです。でも、そいういう子と理学療法士さんが出会えるのは、その子が怪我をしたあとに病院で診察を受けた後ですよね。それじゃあ遅いんじゃないかと思うのです。

その問題点を解決するためにこのサイトはあります。

乳幼児や小学生には、親御さんと一緒にできるメニューを提案させて頂いて、カラダの動かし方を体感してもらったり、カラダについての身近な相談窓口にならせていただく。そういうことを通じて、運動への苦手をなくしたり、O脚やガニ股などの癖がつかないようにしたい。

中高生には自分の目的(体力維持、怪我の予防など)に合わせて選択して運動していけるようアドバイスを。運動習慣を身につけてもらい、カラダを軽くしてもらいたい。部活動をしている子には、怪我予防や上達が早くなるようなカラダの動かし方をアドバイスしたい。

大人にとっても、怪我予防や簡単な筋トレを知ることは、運動不足解消にもとても良いことだと思います。肩こり予防なども発信します。

そうやって、リハビリの中心地を怪我予防の方にもっていきたい。

でも堅苦しいのは嫌なので、ふわふわ居心地の良いカフェのような、そんな気軽に訪れることができるサイトにしたいと思っています。

そういう思いを込めて、リハビリハブ「ソラシマ」を作りました。ここまで読んでくださってありがとうございます。質問を書いたり、ブログを読んでみたりして、ゆっくりしていってください!