子どもの睡眠不足と発達障害について【睡眠は大事!!】

睡眠

子どもの睡眠不足について考えたことありますか?

これ、思っている以上に大きな問題です。

子どもの睡眠不足は日本だけでなく世界各国で起こっていて、小児の睡眠時間は短くなる傾向が続いています。この傾向を詳しく見てみましょう。

日本小児保健協会によると、学校に通っている子どもの睡眠時間は短縮傾向にあります。起きる時間は大きく変化しません。

変化しているのは布団に入る時間で、寝る時間が徐々に遅れています。 つまり、子どもの寝る時間が夜型になっているんです。

日本小児保健協会が1980年、1990年、2000年に行った幼児期の睡眠習慣に関する調査によると、1歳6ヶ月児、2歳児、3歳児、4歳児、5〜6歳児のすべてにおいて22時以降に就寝する割合が増加しており、やはり子供の生活リズムが年々夜型傾向にあることが指摘されています。

厚生労働省が行っている調査では2001年に出生した4万人以上の対象児について年1回の追跡調査を実施しています。

いずれの回においても最も多かった就寝時刻は21時台であり、次いで22時台でした。22時以降に就寝する小児の割合は3回目の調査(2歳6ヶ月)をピークに、年々わずかながら減少しています。

しかしながら、母が就業している家庭では22時以降に就床する小児の割合は母の労働時間が長いほどその割合は多くなっています。就労生産人口の減少の中にあって女性の社会進出は今後益々進むと思われます。

これ自体は悪いことではありません。良いことですよね。ですが、子どもの睡眠が大人のライフスタイルの変化によって大きな影響を受けているというのは考えなければいけない問題です。

では、子どもの慢性的な睡眠不足によって、どのような問題が起こるでしょうか。

学習能力の障害

情緒形成の障害

精神疾患や発達障害の早期徴候が出るor発症リスクとして蓄積される

ADHDの発症率の増加

このように、様々な問題と関連することが明らかになっています。

では、この問題を解決する方法は何でしょうか。

それは簡単です。寝ることです。

睡眠時間を1日1時間、3日間延長するだけで子供の認知機能が改善するなどの報告もあります。

睡眠はいま、小児科学や保健指導の面からも注目されています。

子育てをしている方は、子どもの成長のためにも、睡眠習慣についてとことん考えなければいけませんね。

睡眠についての記事もまだまだ書いていこうと思っているので、また覗いてみてください。

出典:睡眠薬の適正使用・休薬ガイドライン

コメント

タイトルとURLをコピーしました